神田ぱんのやりすごし歳時記

毎日をどうにか生き延びて50年
   
  << November 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>  
 
<< お習字 | main | 猫の日 >>


スチャラカコマソン

">
評価:
CMソング,北野路子,天地総子,益田キートン,久里千春,楠トシエ,山本茉実,ハニー・ナイツ,デューク・エイセス,ダーク・ダックス,西田佐知子
キングレコード
¥ 2,500
(2010-01-27)
コメント:ボーナストラックの「お酒の唄」が聴きどころ
Amazonランキング: 12818位


花井真理子のことを調べていたら、このコンピが日本酒ブームに乗って最近リリースされたことを知った。コマソン集といえば、だいたい年代とか会社で編集されてるけど、日本酒っていうのは、ありそうでなかったなあ。
益田キートンの「ぐっすりねちゃった」という合同酒精の唄は初めて聴いたけど、とても良い唄だった。三木鶏郎作品。

ぐっすりねちゃった
パッチリ目がさめた
やっぱりお酒は勇躍

合同の日本酒って、ものすご悪酔いしそうだが。すぐつぶれてぐっすり寝るけど、気持ち悪くなって夜中に…てな図を想像した。
てか合同が日本酒出してたんだなー。勇躍…聞いたこともない銘柄だけど。
てググってみたら、「富貴」が合同だった。でっかい男はビッグマン〜だけでなかったのか合同。
あとお目当て花井真理子の「お酒の唄」が面白い。

女ひとりで飲む酒は
甘いお酒も苦くなる
燃えてくちびる重ねた夜を
思い出させる しのび酒
ほまれ 剣菱 澤之鶴 多聞 爛漫 月桂冠
力士 大関 神聖 源氏 富貴 黄桜 松竹梅

二番以降も、金杯や太平山など懐かしい銘柄がいっぱい出てくる。
太平山…あんだけあった居酒屋はどこでどうしてんだか。
ちなみにこの唄に「勇躍」は出てこない。
日本酒の唄は、なんかノンキでスチャラカしてて、とても心なごむ。

| 呑む | 01:47 | comments(2) |
スポンサーサイト


| - | 01:47 | - |
養殖の鰤大根様…って「養殖」はどこにかかるのでしょうか、やっぱ鰤か。
今でも渋い飲み屋さんに「金盃」や「爛漫」の看板が出てて、懐かしいなーと思います。上野界隈にはそんなに看板あったんだー。
ところでこのCD、なぜか「力士」のコマソンが入ってないのです。
♪さーけあればー この世は楽しー
って力士がほろ酔いで歌ってたんじゃ、この御時世やばいんすかね…
| ぱん | 2011/03/03 11:49 PM |
こんばんは。ぱん先生。

子供の頃、帰省する時に上野界隈線路際に立ち並ぶ清酒の看板を見るのが大好きでした。今でも下戸ですがその気持ちはかわりません

このCD、手に入れて聴いたらまたお便りします。御紹介ありがとうございます。
| 養殖の鰤大根 | 2011/02/28 10:35 PM |









http://kandapan.jugem.cc/trackback/295

 categories
 archives
 entries
 links
 profile
 others