フレッツ光メンバーズクラブ

往生すんで。フレッツ光。

ていうかNTTは、@ビリングだのwebビリングだのも往生する。

今回は何に往生したかといえばフレッツ光メンバーズクラブのポイントがけっこうたまったよ。失効しちゃうポイントもあるよ。というお知らせが来た、そのメンバーズクラブだ。

そんならさっそくポイント交換しょうか! とサイトにログインしたところ、「契約回線認証をする」っちゅうわけ。

疑り深いなーと思ったけど、まあそんなにやりたいんならどうぞ…ってクリックしたわけ。

ほしたら「これ契約回線じゃねえけど」みたいなアラートが出たわけ。

契約回線じゃないって何言ってんの?

うちこの回線しかないやん?

そんなこと言ってもNTTには何も通用しなくて、なんか光コンシェルジュとやらが全然意味わかんない解決策を示してくれた。

 

 

「契約回線認証を行うには、インターネット網とは別の「フレッツ網」内にある「サービス情報サイト」に接続する必要があります。

ご利用のルータがIPv6通信に対応しているかこちらからご確認ください。

ご利用のセキュリティ対策ソフトがIPv6通信に対応しているかこちらからご確認ください。」

 

は??

フレッツ網???

何それ。

「接続する必要があります」てソッチの必要、ソッチの都合ですよね?

何でコッチが努力して当たり前みたいな話。

本当にNTTとつきあうとろくなことがない。本当にNTTは滅んで欲しい。

だがNTTはつきあいをやめないし滅ばないから、結局はフレッツ網に接続する必要があり、私が努力する羽目になった。

具体的には、ルータでIPv6が通るように設定しなおした。

…と書くと屁でもないことのようだが、まず私がしなければならない努力はIPv6関係、ということを知ったのも親切な人のブログを読んだからで、光コンシェルジュの説明ではチンプンカンプンだった。

長くなってきたから省略するが、以降、エレコムの192.168.2.1から管理画面→ルータの管理ID忘れ→ルータリセット→ルータ自動設定失敗→手動でPPPoE設定→設定完了→WANとかLANの設定…と長い道のりを経て、フレッツ網に接続した。

みたいだった。

ポイント交換しょう! のとこから2時間ほどが経過していた。

これでもお当分NTTのことを考えなくていいのが嬉しいってだけのポイント交換だった。

 

 

スポンサーサイト

コメント
トラックバック
この記事のトラックバックURL