神田ぱんのやりすごし歳時記

毎日をどうにか生き延びて50年
   
  << October 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>  
 

鍋パーティ

昨日は友達んちで鍋パーティをした。
ぽん酢で食べる系の水炊きと、もういっこ初めてトマト鍋というものも食べた。
トマト鍋っておいしーなあと感激した。
でも家主が自分で調整したタレっていうか汁なので、どうやって作るのかわからない。胡椒とか入れていた。鍋の中味にニンジンやジャガイモがあるのも新機軸。
お酒を飲みながら、YouTubeで聖子ちゃんとか百恵とか暴威とか見て、おーとかひえーとか騒いだ。
西岡恭蔵にしろとかナガブチかけろとか、もーオレがやる! みたいにVDJの権限(マウス)を奪ったりとか盛り上がり、YouTubeって便利だなー。と思った。

ひとしきり鍋を食べ終わり、みんなゴロゴロし出したころ、23時すぎから家主が「キムチ鍋もあるよ!」と新たにキムチ鍋を作成し始めた。
ちょっと…この時間にキムチ鍋…と呆然としていたら、酔っ払いが「これも入れよう」とトマト鍋をドボドボ入れた。
うわあちょっと!
「ねーこれ大丈夫なの…」
「さあ…」
煮くずれたジャガイモでドロドロの鍋が、溶岩のようにボコボコ沸騰してきた。
折しもYouTubeで流していたのは、森田童子だった。



とても爆笑した。 そしてキムチ鍋も、とても美味しかった。

| 呑む | 12:39 | comments(0) |
スチャラカコマソン

">
評価:
CMソング,北野路子,天地総子,益田キートン,久里千春,楠トシエ,山本茉実,ハニー・ナイツ,デューク・エイセス,ダーク・ダックス,西田佐知子
キングレコード
¥ 2,500
(2010-01-27)
コメント:ボーナストラックの「お酒の唄」が聴きどころ
Amazonランキング: 12818位


花井真理子のことを調べていたら、このコンピが日本酒ブームに乗って最近リリースされたことを知った。コマソン集といえば、だいたい年代とか会社で編集されてるけど、日本酒っていうのは、ありそうでなかったなあ。
益田キートンの「ぐっすりねちゃった」という合同酒精の唄は初めて聴いたけど、とても良い唄だった。三木鶏郎作品。

ぐっすりねちゃった
パッチリ目がさめた
やっぱりお酒は勇躍

合同の日本酒って、ものすご悪酔いしそうだが。すぐつぶれてぐっすり寝るけど、気持ち悪くなって夜中に…てな図を想像した。
てか合同が日本酒出してたんだなー。勇躍…聞いたこともない銘柄だけど。
てググってみたら、「富貴」が合同だった。でっかい男はビッグマン〜だけでなかったのか合同。
あとお目当て花井真理子の「お酒の唄」が面白い。

女ひとりで飲む酒は
甘いお酒も苦くなる
燃えてくちびる重ねた夜を
思い出させる しのび酒
ほまれ 剣菱 澤之鶴 多聞 爛漫 月桂冠
力士 大関 神聖 源氏 富貴 黄桜 松竹梅

二番以降も、金杯や太平山など懐かしい銘柄がいっぱい出てくる。
太平山…あんだけあった居酒屋はどこでどうしてんだか。
ちなみにこの唄に「勇躍」は出てこない。
日本酒の唄は、なんかノンキでスチャラカしてて、とても心なごむ。

| 呑む | 01:47 | comments(2) |

 categories
 archives
 entries
 links
 profile
 others